最終更新:2021/10/17

「アダムとイブ」を知っていますか?

みなさん、こんにちは!

今回は、日記ということで好きなバンドの曲の中で「Adam」という曲がありまして、最近よく聞いているのですが、これは「アダムとイブ」を元に書かれています。「アダムとイブってなんか聞いたことあるけど詳しく知らないなぁ」と思って調べてみました。いわゆる人間の始まりとされる神話だったんですね。

今回はそのアダムとイブを紹介したいと思います。読んでみると面白かったので、知ってる人も知らない人もぜひ読んでみて下さいませ。

アダムとイブとは

「アダムとイブ」(英語:Adam & Eve)とは、『旧約聖書』「創世記」に記された、神が創造した最初の人類の男女です。つまり私たち人間の始まりなのです。

実はアダムとイブの誕生には2つの逸話があります。1つは、神の形をかたどって造られた。もう1つは、アダムは土から造られ、イブはアダムのあばらの骨から造られたとされています。

神の形をかたどって造られた

神は6日間かけて世界のすべてを創造したとされています。世界のすべてが揃った最後に神は「我々に似せた人を造ろう」と言い男と女の「人」を造ります。

アダムは土から、イブはアダムのあばらの骨から造られた

「土をたがやす人もいなかった」ことから、「主なる神は土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられました。「人はこうして生きる者となった」と記述されます。

そして、神は「人が独りでいるのはよくない。彼に合う助ける者を造ろう」と考え、アダムのあばらから骨を抜き取りイブを造ったともされています。

どちらにせよ、神の気まぐれによって人は造られました。

「禁断の果実」

アダムとイブは「エデンの園」という楽園で何不自由なく暮らしていました。そこを耕し、守るようにされていました。そして、たった1つのルールとして、園の木から木の実を取って食べてよいが、善悪の知識の木の実だけは食べてはならない、食べると死んでしまう、と神は伝えました。

しかし、そこに蛇が現れ「この実を食べると死んでしまうと神様が言ったそうですが、死にはしませんよ。むしろこの実を食べると賢くなって、神様のようになれますよ」と言葉巧みに誘惑します。

最初は拒んでいたイブですが、誘惑にとうとう負けてしまい、その実を食べてしまいます。そして、イブに勧められたアダムも食べてしまいます。

アダムとイブはその実を食べたことにより、善悪が分かるようになり、自分たちが罪を犯してしまったことを知ります。また、自分達が裸であることが恥ずかしくなり、いちじくの葉を腰に巻き、身につけました。(これは、現在で言う羞恥心にあたります。)

当然、神様には食べてしまったことを気づかれてしまいます。

神に問い詰められると、アダムは食べてしまったことをイブのせいにして、イブは蛇のせいにします。

(これは現在の社会でもあるように罪や責任を他人に押し付けるのと同じなのですね…)

当然、アダムとイブはエデンの園から追放されてしまいます。

これら一連の神の裏切りが人類が背負う「原罪」とされています。

神が与えた男と女と蛇への罪の代償

神は、男と女と蛇にそれぞれ違う罰を与えました。蛇は一生を這いまわって過ごす運命を背負います。女は苦しんで子を産むことになり、男は土が呪われるものとなったため、生涯食べ物を得ようとして苦しむことになりました。(現代で言う働いて汗を流さないと食べてはいけないという事です。)

そして、「食べたら死ぬ」と言われていた木の実を食べたことから、人間は「必ず死ぬ」運命となります。

この罪が1番重い罰となりました。

(なぜ人間は死ぬのかという原因がこのことなんですね。)

アダムとイブの子ども「カインとアベル」は人類最初の殺人者と被害者

アダムとイブがエデンの園から追放された(失楽園)あと、最初に兄のカイン、そして次に弟のアベルを授かります。

カインは農業を営む者になり、アベルは羊飼いになりました。

あるとき2人は、それぞれ神にささげ物をしますが、カインが持っていった畑の作物というささげ物は神に受け入れられず、アベルが持っていった羊の初子は受け入れられました。

カインはそのことに嫉妬心を抱き、アベルを野に誘い出し、殺してしまいます。

(これが人類初の殺人者と被害者になってしまったのですね…)

カインは東のエデン「ノド」へ

その後アベルの行方を聞かれたカインは、「知りません。私は弟の番人なのですか?」と答えた。これは人間が最初についた嘘と言われています。

しかし神に、「あなたは弟を殺したのでこの地を追い出します」と宣言されるとその態度は一変し、「追い出されたら誰かに殺されてしまう」と神にすがりつきます。神はそんなカインにもあわれみ深く、彼を守るためのしるしを与えたうえで彼を追放します。(カインの刻印)

追放されたカインはエデンの東にあるノドという地に移り住むことになりました。そしてそこで結婚し、エノクという子どもを授かり、自分が建てた町にもエノクという名前をつけました。

まとめ

これが人間の始まりとされる「アダムとイブ」という神話です。

色々と考えさせられることばかりで、読んでて面白いなと思いました。

人それぞれなので良い人もいますが、人を殺したり、嘘をついて人を騙したりする人はアダムとイブ、またカインとアベルと同じなのかなとも感じます。

つい長くなってしまいましたが、今回はここまでとします。

たまにはこのように自分が面白いと思った話などを紹介するのもありだなと思いました。

では、また。